機密文書処理サービスの流れ

ホーム  >  古紙リサイクルについて  >  機密文書処理サービスの流れ

機密文書処理サービスの流れ

ご要望頂ければ、お伺いしデモンストレーションをさせていただきます。

営業マンが内容を確認し、お見積りをいたします。

※基本料金は「エコポリスバン」が横付けできる軒下まであらかじめ運んでいただくこと、禁忌品、ファイル、金具等を除いた状態で出していただくことをお願いしておりますが、そういった作業がご面倒な場合は、別途料金で対応させていただきます。
詳しくはお問い合わせください。

移動式大型シュレッダ「エコポリスバン」とは? 詳しくはこちら

お客様との約束の日に現地へ出動します。
細断文書は軒下までご準備ください。

最初に、処理する文書の重さを計測します。

一括投げ入れ方式の投入作業や、
強力なカッティング力で機密文書を
細断処理、お客様の立合い時間を
大幅短縮し、スピーディに処理を行います。
また、細断古紙は撹拌されながらストックルームに
貯蓄されるので、機密を保持しながら圧縮します。

機密性の高い施錠付きの車両で運搬します。
帰社後、直ちに弊社大型圧縮機で圧縮成型し、ラップをまいて飛散防止した後、保管スペースにて一時保管します。

大型トラック一台分になり次第、製紙工場(トイレットペーパー)へ納入します。

機密文書処理サービスのお申込みはこちら

ページの先頭へ